FC2ブログ

手のりサイズの水鳥シリーズ

小さな水鳥がたくさん並んだら楽しいなーと思って作り始め、一時飽きたかな〜と思ったけど、また再燃して再び増産して、結果こんなにたくさんできました。

出来がいいものも、駄作もあるけども、並べてしまうと気にならないのが良いところ。
150416ミニ水鳥シリーズ5

実物大だと一体作るのにえらく時間がかかってしまうのに、小さいと、短時間で、かつ大まかな特徴だけで作れるので、出来上がりが早くて嬉しいです。小さいので色分けがはっきりしたものじゃないと難しいのですが、シルエットだけで特徴を出せるよう努力しました。

それぞれの比較サイズはあまり厳密に作っていないので、そこは大目にみてやってください。

サイズはこんなもんです。オシドリは大変だけど、作りごたえ満点でした。
150416ミニ水鳥シリーズ1

以下が、いまのところのラインナップ。
ミコアイサ、ビロードキンクロ、ハシビロガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ツクシガモ、ヨシガモ、クロガモ、キンクロハジロ、シノリガモ、コオリガモ、コハクチョウ、オシドリ、コクガン、ヒメハジロ、ホシハジロ、ホオジロガモ(順番は適当)
150416ミニ水鳥シリーズ3
150416ミニ水鳥シリーズ2
150416ミニ水鳥シリーズ4

たくさんいると、さらにこうして遊べる。
150416ミニ水鳥シリーズ6

全国水鳥会議(笑)
150416ミニ水鳥シリーズ7

メスは?って言われそうですが、実物見てもメスだけ見て識別するの大変なので、このサイズじゃとても表現できなそうなので作っていません。いつか特徴的なのだけ作ってみようかと思っています。

冬の水鳥はすっかり帰ってしまったけど、まだまだいろんな種がいるので、暇を見つけては増やす予定なので、今度もご期待ください。

Facebookの方にもちょこちょこ載せていきますので、そちらもよろしく。
FBページ「つぐみ工房」
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR