FC2ブログ

島に旅立っていったカツオドリ

数ヶ月がかりで取り組んでいたカツオドリ(Sula leucogaster)が、先日ようやく依頼主の元に旅立って行きました。無事完成して送り届けられたのでホッとしている反面、さみしくもある親心。でも先日友人が届いた感想をわざわざ電話で伝えてくれ、喜んでくれていたので、「あぁ良かった〜」と心から安堵しました。

141211カツオドリ1

カツオドリの方は、白黒のはっきりとした色使いで模様もなく作業も楽ちんのはずだと思っていたのですが、シンプルで美しいフォームを再現するのは思った以上に繊細な作業でした。作業工程はこんな感じ。

141212カツオドリ8

体の色はパっと見は真っ黒ですが、実はこげ茶色。黒い生地を長く陽の光に当てて色褪せた時の色をイメージしました。あえてムラのある感じに仕上げてみました。

141212カツオドリ4

嘴まわりも、精悍な横顔を再現しつつ、ひょうきんな正面顔ってのも、カツオドリ類独特で苦戦したなぁ。

141212カツオドリ3

水掻きもこのやり方は初挑戦。足部分はいつも最後に作るのですが、最後の最後で失敗は許されないので毎度緊張します。どう作るか頭で完全にシミュレーションした上で初めての方法に挑戦してみました。いろいろ他の方法も考えたのですが、最終的には全部羊毛で作るというのにこだわりました。

141212カツオドリ6

カツオドリは小笠原に行った時に、岩場にスックと立つ姿を下の方から見上げて、おぉ〜想像通りカッコイイ鳥だぁ〜と思ったのが出会いの印象です。いつかまた改めてじっくり観察できたらいいなぁ。世界中に他にもいろんな種類のカツオドリ類がいるのでそのうちまた作ってみたいです。

カツオドリは一度は作ってみたかった鳥なので今回はいろいろ勉強になりました。改めて、依頼してくれた友人に感謝。

141212カツオドリ7
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR