FC2ブログ

麗しきアオバト

新作のアオバト(Treron sieboldii )のオスです。

140730アオバト1

ハトといえば、みなさん思い浮かべるのは山鳩といわれるキジバトか神社にいるドバトだと思いますが、こんなに色鮮やかで綺麗なハトが日本にもいるんですよー、と大きな声で言いたい。

ハト類独特のフォルム、たまらないですね。全体的に丸っこくて、ニードルフェルトでも作りやすーい。

アオバトは、見た目は知っていたものの、作ってみると思った以上にいろんな色で構成されてて驚きます。特に目とか翼とか、鳥にはあまり使ったことない色ばかりです。

140730アオバト2

でもなんといってもアオバトのもっともオサレなところが下腹から下尾筒のあたり。もっさりとした羽の鱗模様がとってもゴージャスです。

140730アオバト4

140730アオバト3

アオバトは、長い間自分の中で見たことあるのかないのかハッキリしない存在だったのですが、たまたま近所で見つけることができて、はじめてじっくり観察できました。想像以上に美しい鳥でした。

140730アオバト5

神奈川県大磯の海岸にはたくさんのアオバトが命がけで海水を飲みに来るそうで、一度見に行ってみたいなぁ。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR