FC2ブログ

守護神ハヤブサ

古代エジプトの鳥シリーズ3弾のハヤブサ (Falco peregrinus) です。

140614ハヤブサ1

もっとシンプルに仕上げるつもりが、翼の模様や腹面の模様などはじめたら止められなくなって結局こんな感じになりました。本物とは程遠いものの、我ながらくじけずよくがんばったと思ってます(^_^;)

まぁでも、ひとまず仕上がったといっても、見るたびに手直ししたくなるので、手元にある限り手を加え続けそうです。

140614ハヤブサ2

ハヤブサは、おそらく古代エジプトに関心がある人にはなじみ深い鳥でしょう。王の守護神ホルスとして、様々な形態で壁画に描かれています。私は古代エジプトの鳥といえばまっさきにハヤブサを思い浮かべます。ただ、チゴハヤブサ (F. subbuteo) やラナーハヤブサ (F. biarmicus)、ハイタカ (Accipiter nisus) などハヤブサ以外の種もモチーフにされているようです(黒川哲朗著『古代エジプトの動物』)。

140614ハヤブサ3

ハヤブサは、南極圏と大洋上の大部分の島を除いて世界中に広く生息しています。もちろん日本にも生息しています。うちの近所でも見られるのを知った時には少し感動しました。こんなにカッコいい鳥が身近にいるなんて、はっきり言ってすごくないですか。獲物を追いかけて高速で飛んでる姿は本当に素晴らしいです。ぜひみなさんも一度野生の姿を見に行ってみてください。

140614ハヤブサ5

このハヤブサは7月1日から横浜ユーラシア文化館で開催される「古代エジプトの神秘を追いかけて ーエジプト壁画研究家 村治笙子の世界ー」にて展示される予定です。ぜひ実物も見に来てください。

★実行委員会の公式FBページ↓
https://www.facebook.com/DecipheringTheMysteriesOfAncientEgypt

140614ハヤブサ4


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR