FC2ブログ

谷津干潟での作品展を終えて

終わってからだいぶ経ってしまいましたが、谷津干潟での展示の報告および備忘録的なものになります。長文ですが、おつきあいください。

180922谷津干潟DM

2018年11月22日〜12月2日に谷津干潟自然観察センター内の特別展示コーナーで「もっともっと近くに鳥たちを〜つぐみの羊毛フェルト作品展〜 in 谷津干潟」が開催されました。

181110谷津干潟1

自宅から会場である谷津干潟自然観察センターがかなり遠いので、何日も在場するのは難しいかなと思ってましたが、搬入日なども含めると計9回ほど行くことができました。毎回お天気もよく、広々とした干潟を眺めて清々しい気持ちになれて、会期中は仮想マイフィールドというつもりで楽しめました。行くたびにオナガガモなどカモ類も増えていきました。
谷津干潟IMG_2462

作品展示について
オープンな空間でどう展示するか、真っ白な状態で一から考えるというのはなかなか大変です。いつも個体として作品を制作しているので土台というものはなく、展示のたびに会場に合わせてそれをすべて用意しなければならないはいつも結構大変です。でも、わざわざ貴重な時間を使ってみなさんがこれを見に来てくださるのだから、それぞれが満足できるような展示になるようにいつも心がけています。特に今回はセンターに人は常在するものの、常に展示物を見張っている人がいるわけではないので、防犯的な観点からも展示の仕方を工夫する必要がありましたので、そういう意味で少し制限がありました。壁が多いと全体的に暗くなってしまいそうだったので、外の明るい景色をとり入れました。そうした上で、あの展示物のボリュームと、展示の並べ方になったわけですが、結果明るい谷津干潟らしい展示になったと思います。自宅で綿密にレイアウトをシミュレーションしましたし、作品以外の枝や棚、リースや特別なフックに至るまで、備品はすべて手作りしました。作品自体はもちろんですが、空間作りというのも大事な要素だと思って、毎回手を抜かずに取り組んでいます。

谷津干潟IMG_2176
前日の展示準備は谷津干潟のボランティアさん3人(Sさんご夫妻とUさん)が手伝ってくれました。みなさん慣れていてテキパキと動いてくださって、本当に助かりました。展示準備はいつもかなり焦ってしまうのですが、展示にもだいぶ慣れてきたのと、時間的に余裕があったので、今回は比較的落ち着いて準備でき、細部まで目を配る事ができ、1日かけた甲斐あって、仕上げにも満足できました。

谷津干潟IMG_2416
展示のポイントとしては、今回場所柄に合わせて水辺の鳥を多めに、かつ谷津干潟で過去に見られたことのある鳥を中心に展示しました。展示したのは全139羽(最終的には制作したスズメ含め140羽)。自分で把握してなかったので、スタッフさんやボランティアさんが数えてくれました。新作は、ツグミ、ミサゴ、アオサギ、キョウジョシギ、メダイチドリ、アオジ、アカハラで、実際はエナガ、メジロも新しい個体が混ざっています。

谷津干潟IMG_2448
「水辺の鳥〜夏の雰囲気がある山の鳥〜身近な鳥〜冬の鳥〜水に浮かんでる水鳥」という流れで並べました。今回はガラスのショーケースも用意いただいたので、そこにはいろんな角度から見て欲しいと思ったヒヨドリやトラツグミ、カルガモ親子などを並べました。

谷津干潟IMG_2435
会場のすぐ横には淡水池があって、その水面や光と連動するように作品が展示でき、そのコラボレーションに我ながらウットリする場面が多々ありました。スタッフの方が、窓外近くまで寄ってきた本物のダイサギとの奇跡のコラボ写真を撮ってくれたのは嬉しかったです。自然の景色のとなりで展示するとこういう素敵なことが起きるので、作品を子供のように思っている身としては、作品たちがのびのびとした空間にいるのを目を細めて見ておりました。1日いると、時間が経つにつれ、光の入り方によって展示の雰囲気が変化していくのも美しかったです。

谷津干潟IMG_2430
谷津干潟IMG_2118
あと、搬入直前に思い立って制作途中の様子をパネルにしました。大きな作品については、小さい作品以上に制作過程が複雑で想像いただけないだろうと思いましたので、大型作品の制作途中の様子を写真でまとめてみました。こちらも多くの方が一生懸命見てくださっていましたので、作っておいてよかったです。

谷津干潟IMG_2354
ひとつ申し訳なかったのは、キャプションの文字が小さかったことです。今回は、作品と見てくださる方の間に柵があるため、少し距離があってさらに見づらかったと思います。作品数が多いとキャプションを全部作り変えるとなると、なかなか難しいのですが、今後の課題にしようと思います。

谷津干潟IMG_2349


今回展示した鳥の種類
実物大の作品はミサゴ、(ボラ)、メダイチドリ、イソシギ、キョウジョシギ、セイタカシギ、ヒクイナ、コアジサシ、チョウゲンボウ、コチドリ、ウグイス、エナガ、ヒメアマツバメ、アオバト、アカハラ、アオジ、キセキレイ、エゾビタキ、キビタキ、ツミ、キジバト、シジュウカラ、スズメ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、シロハラ、コミミズク、アトリ、ウソ、ベニマシコ、マヒワ、ジョウビタキ、ルリビタキ、シメ、ハクセキレイ、カワセミ、カンムリカイツブリ、カイツブリ、カルガモ、ヒヨドリ、トラツグミ

谷津干潟IMG_2338
谷津干潟IMG_2264
谷津干潟IMG_2257
谷津干潟IMG_2350
谷津干潟IMG_2343

小さな水鳥シリーズはハシビロガモ、カルガモ、ツクシガモ、スズガモ、ホンケワタがも、ホオジロガモ、オシドリ、コクガン、コハクチョウ、ビロードキンクロ、コオリガモ、シノリガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ミコアイサ、ホシハジロ、ヒドリガモ、ウミスズメ、マガモ、ヨシガモ、ハクガン、トモエガモ、クロガモ、ヒメハジロ、メジロガモ、ウミガラス(実はこっそり新作)

手ぶれもひどくあまり上手く撮れていませんが、会場全体の様子を動画で撮っておきました。



販売
あと、会場付近に販売グッズコーナーを設けていただき、ポストカードや小さな小鳥も販売してもらいました。今回は谷津干潟展のイメージ写真のポストカードとコアジサシのポストカード、小さな鳥はコチドリが新作でした。今後の制作活動を維持するだけの材料費や活動費などはこうした売上からひねり出しておりますので、鳥たちを迎えていただいた皆様、ポストカードを購入いただいた皆様に大変感謝しております。

谷津干潟IMG_2225
制作実演に挑戦
開催期間中、11月17日(土)と23日(金)には制作実演日として、11時すぎから閉館近くまで実物大のスズメを制作しました。谷津干潟自然観察センターでは参加型のワークショップがたくさんおこなわれているので、私も少し検討しましたが、針を使うので安全面での心配とか、時間がかかる、などの理由でワークショップ開催はなかなか難しいなと思ったので、かわりに初の試みとして制作実演日というのを設け、2日間にわたってスズメを作りました。制作中はいろいろ質問があるだろうなと思ったものの、話しながらの制作は失敗だけでなく怪我の元にもなるので、とにかく質問なしで見守っていただきました。一日中立ったまま静かに見守ってくださった方々には本当に感謝です。(写真くださったみなさま、ありがとうございます!)

谷津干潟IMG_2320
実演の時の出来事として、1日目の実演の時に小さな女の子が気に入ってくれて、感想ノートにも「おねえさんみたいになりたいな」と書いてくれまして(「おねえさん」だって!!)、さらに2日目も再度来てくれて、さっそく作ってみたというフェルトの鳥を見せてくれたり、お手紙をくれたりしてとっても嬉しかったです。他にも、小さな子供たちが、食い入るように実演中の手元を見ていたのには驚きました。手を動かして何かを作るというのは、見ていてもシンプルに楽しめるものなんだなと気づかされました。

2日目の最後には、完成したスズメを手に見てくださっていた方々の撮影大会でした。老若男女を問わずあんなにニコニコと皆さん喜んでくれるのなら、今度は手に乗せたりする企画もおもしろいかもしれないと思いました。

展示中の様子
谷津干潟自然観察センターは地元の方も年間パスなどを使って活用されているようで、地元の方がたくさん利用しているようです。たまたま他のイベントで来ていた方にも気に入っていただいたりして、普段は地元である東京西部の方での活動が多いので、今回他の地域の新しい人にたくさん見ていただけたのはとてもよかったです。また、Facebookやinstagramで知ってくださった羊毛フェルト作家さんや実際フェルトで鳥を作ろうと思っていらっしゃるといった方々が直接作品を見に来てくださいました。さらに、2016年の吉祥寺での初個展の時に来てくださった方も何人かいて、何年も前のことを覚えていてくださって、遠くからこのために足を運んできていただけたことも嬉しかったです。また遠くからといえば、三重県や山梨県から来てくださった方もいらっしゃいました。もちろん、友人知人もたくさん応援にきてくれて、久しぶりに会う人も多く友情に感謝です。来てくださったみなさん、本当にありがとうございました!

会場の作品は撮影OKにしてありましたので、みなさん熱心に写真も撮ってました。思い思いに楽しんでいただけたようで見ているこちらも嬉しくなりました。

なかなか全員とはお話しできないので、会場には感想ノートを設置しておきました。任意だし、設置場所もちょっとわかりづらかったと思いますが、80人以上が感想を残していってくれました。書いてくださった皆様、ありがとうございました。こっちが元気になるような、嬉しいコメントが多く、新たな作品作りの原動力になります。

谷津干潟IMG_2414
ご褒美のヘラサギ
今回ちょっとご褒美的な出来事がありました。実演で会場にいた日、なんと谷津干潟では11年ぶりにヘラサギが飛来したのです。その情報を聞きつけてすぐ、「はい、休憩にしま〜す」と実演中断し、見ていたみんなも一緒にヘラサギを見に行きました。

谷津干潟IMG_2468
みんなでわいわい見られたのも楽しかったですし、あの首をぐいぐい振りながら食べ物を探す独特のスタイルをまた観察できて感激でした〜。カメラがなくてへなちょこスマスコでしか撮れなかったのが残念ではありましたが、ヘラサギがいたのはこの日だけだったということで、この日は本当にラッキーな日になりました。

今回、自宅からはかなり離れたところでの開催とあって、始まるまではいろいろと不安要素も多かったのですが、センターのスタッフやボランティアの皆様にご協力いただき、最初から最後まで大きなトラブルもなく無事に終えることができました。いろんな場所での展示で何が楽しいって、現場のスタッフさんたちと一緒に過ごせて、いろんなお話しなどもお聞きできたりして、来館者として訪れるのとはまた違った特別な気分が味わえるところだなと今回も改めて思いました。始まるまでは大変ですが、始まってからは楽しくもあっという間の3週間でした。お世話になった皆様、ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。

谷津干潟IMG_2400
谷津干潟IMG_2412
今年のイベントはこれでおしまいです。もうすぐ2018年も終わりますね。
また次のイベントでみなさんにお会いできるのを楽しみにしていま〜す!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR