FC2ブログ

三鷹の森自然かんさつ会は大盛況!

先日5日(金)に井の頭公園で三鷹の森フェスティバル開催されました。
朝から快晴、井の頭公園100周年イベント開催期間中というのもあって、会場も終日賑わいました。
170507森フェス4
「三鷹の森自然かんさつ会」のブースはミニ観察会をはじめ「よそ見屋ぷろここ」さんのワークショップや草笛教室もあり盛りだくさん。
170507森フェス3
去年は秋に開催されたため、今回の集客が心配されましたが、そんなことは吹っ飛ぶほどの盛況ぶりで、最終的には、昨年秋は150人以上で過去最高だったのを更新し200人ものお客さんが自然観察会へ参加されたそうで、驚きです。ガイドの方々も次から次へと出動して、お忙しそうでしたが、皆さん生き生きと案内しておられる様子に元気をいただきました。
170507森フェス2
私の「井の頭公園で見られる野鳥」の展示にも多くの方が足を止めてくださいました。去年同様、最初みなさん遠くから眺めてくださる方が多く、「お近くでぜひご覧ください」とお声をかけるとだんだん近づいて来てくれます。「本物みたい」とか「よくできてる〜」と言ってくださるので、「ぜひこのあと本物も見に行ってみてください」と声をかけたりしていました。今回持っていった鳥の中では「アオゲラ」や「カワセミ」が公園にいることに驚かれる方が多かったです。
170507森フェス7
170507森フェス6
そしてやはり井の頭公園という土地柄か、子育て中の今の時期だからか、展示している鳥の中でもカイツブリが一番人気でした。「今さっき見ました。子育てしてました」という方も多く、私はブースから離れられず見に行くことができないのでうらやましかった〜。まだ今年は見てないので。。。また、私の展示は原則触れないので、前回も好評だったお触り専用のエナガとシジュウカラを用意。近づいてきた子供達の手に乗っけてあげたりすると喜んでくれました。だいたい大人も子供も作品を触ってみたそうにしているので、代わりに二羽を触っていただきフェルトの鳥の感触を楽しんでいただきました。身近な鳥ばかりとはいえ、野鳥をこの距離で見ることはなかなかないので、鳥たちの存在感を感じて、もっともっと彼らの生活に親近感を持っていただけたらいいなと思います。

また、今回はこのイベントに誘っていただいた高野丈さんがこのほど『井の頭公園いきもの図鑑』を出版されたので、そのブースとも連動し、良い相乗効果を生んだ気がします。高野さんは井の頭バードリサーチ代表であり、写真家であり、自然観察指導員でもあり、と様々な顔を持っていて、井の頭公園を中心に精力的に活動されている方です。高野さんのご紹介で自然観察指導員の皆さんとも親しくさせていただくようになりました。

そんなこんなで、暑さと風と砂ぼこりにも負けず、指導員やスタッフの皆さんと一緒に1日を楽しく乗り切りました。
お触り用シジュウカラもたくさんの方に触っていただきボワボワに。
170507森フェス1

たくさんの方に身近な自然を発見していただくことができ、私も役目を果たせたとひと安心です。皆さんお疲れさまでした。

「三鷹の森自然かんさつ会」のブースに遊びにきてくださった皆様ありがとうございました!

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で個展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で個展開催など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR