FC2ブログ

手のりサイズの水鳥シリーズ

小さな水鳥がたくさん並んだら楽しいなーと思って作り始め、一時飽きたかな〜と思ったけど、また再燃して再び増産して、結果こんなにたくさんできました。

出来がいいものも、駄作もあるけども、並べてしまうと気にならないのが良いところ。
150416ミニ水鳥シリーズ5

実物大だと一体作るのにえらく時間がかかってしまうのに、小さいと、短時間で、かつ大まかな特徴だけで作れるので、出来上がりが早くて嬉しいです。小さいので色分けがはっきりしたものじゃないと難しいのですが、シルエットだけで特徴を出せるよう努力しました。

それぞれの比較サイズはあまり厳密に作っていないので、そこは大目にみてやってください。

サイズはこんなもんです。オシドリは大変だけど、作りごたえ満点でした。
150416ミニ水鳥シリーズ1

以下が、いまのところのラインナップ。
ミコアイサ、ビロードキンクロ、ハシビロガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ツクシガモ、ヨシガモ、クロガモ、キンクロハジロ、シノリガモ、コオリガモ、コハクチョウ、オシドリ、コクガン、ヒメハジロ、ホシハジロ、ホオジロガモ(順番は適当)
150416ミニ水鳥シリーズ3
150416ミニ水鳥シリーズ2
150416ミニ水鳥シリーズ4

たくさんいると、さらにこうして遊べる。
150416ミニ水鳥シリーズ6

全国水鳥会議(笑)
150416ミニ水鳥シリーズ7

メスは?って言われそうですが、実物見てもメスだけ見て識別するの大変なので、このサイズじゃとても表現できなそうなので作っていません。いつか特徴的なのだけ作ってみようかと思っています。

冬の水鳥はすっかり帰ってしまったけど、まだまだいろんな種がいるので、暇を見つけては増やす予定なので、今度もご期待ください。

Facebookの方にもちょこちょこ載せていきますので、そちらもよろしく。
FBページ「つぐみ工房」

森の妖精サンコウチョウ

サンコウチョウ (Terpsiphone atrocaudata) のオスを作ってみました。もうすぐ夏鳥の季節がやって来るので少し季節を先取りです。

150406サンコウチョウ5

実はごく初期の頃に一度作ったものの大失敗し、ずっとトラウマのようになっていました。でもそれでもやっぱり作ってみたいので、少し上達したのを見計らって、尾羽と体の長さの比率などいろいろ調べて再度挑戦してみました。さらにヒラヒラっとした尾羽の質感なども、あーでもないーこーでもないと頭でシミュレーションしつつ、いつもと違う方法も試してみました。いかがでしょうかね。

150406サンコウチョウ4

テグスで適当にぶら下げてますが、もうちょっとちゃんと工夫すれば躍動感が出せる気がします。今回はひとまずこんな感じで。翼にはワイヤーなど入れていないのですが、意外と好きな形に曲がります。

150406サンコウチョウ3

本来は暗い林にいるイメージなのですが、とり急ぎモッコウバラの前で飛ばしてみました。思いっきりテグスが見えてますけど。。。

150406サンコウチョウ7

150406サンコウチョウ6

150406サンコウチョウ2

150406サンコウチョウ1

サンコウチョウは誰にとっても憧れの鳥かと。あの長い尾をヒラヒラっと翻し、飛ぶ姿は感動的ですらあります。まさに妖精。

そしてサンコウチョウの名前の元になっている鳴き声もまた感動的。「月、日、星、ホイホイホイー」で三光鳥ですってーホント出来過ぎです(≧∇≦)本当に「ツキヒホシーホイホイホイー」って聞いた時はまさにきゃーって感じです。鳴き声も見た目も現実離れしたファンタジーな鳥だわー。おっと、すこし興奮しちゃいました(笑) 今年も会えるといいなぁ。

南方から日本に渡ってくる夏の渡り鳥です。私の中ではキビタキ、サンコウチョウ、オオルリが初夏の御三家です。まさにこれからが彼らのシーズン、楽しみです。

ちなみに余談ですが、サンコウチョウは静岡県の県鳥で、ジュビロ磐田のマスコットキャラがサンコウチョウなんだそうです、知らなかったー。

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR