FC2ブログ

ヒレンジャク

先日ヒレンジャクを堪能してきました。

生まれてこのかた、ヒレンジャクを見たのはまだ二回目ですが、とにかく美しいとしか言いようがない鳥で今回じっくり観察できたので感激です!

150320ヒレンジャク5

150320ヒレンジャク7

人気のある鳥で多くのカメラマンやバーダーがやってきていました。大勢が鳥たちを取り囲んでいるのを見るのはいつも何か起きそうでドキドキします。正直、ひと気の無い静かなとこで鳥の気配を探す方が好みなのですが、、、とはいうものの、今回もしぶしぶ来たとはいえこの素晴らしい鳥を観察出来たわけなので、誘ってくれた相方に感謝しなければ。

150320ヒレンジャク4

150320ヒレンジャク6

150320ヒレンジャク3



当のヒレンジャクたちは大勢のど真ん中で堂々と草の実や虫を食べたりしていたので、少し安心しました。少なくとも注目を集めている間は猛禽やネコは寄ってこれないと思うので、その利点を生かして、その間大いにお腹いっぱいになってちょうだい。

リュウノヒゲかな?きれいな紫色の実を食べてるところ。

150320ヒレンジャク2

すぐ落とすけど、あまり深追いはしない。

150320ヒレンジャク1

動画も撮ってみました。




彼らが大好きなヤドリギにもまだ実がたくさんついていました。こちらもまた美しいですね。珊瑚みたい。

150320ヒレンジャク9

ヌルヌルした種を、鳥たちが別の木に運んでいってくれるわけですね。食べるとねばぁ〜っとした糞をして、それが木の幹にくっつくそうです。ヤドリギとレンジャクたちのもちつもたれつな関係です。

150320ヒレンジャク10

ささやかな自然の恵みをあてにして、ああして毎年忘れずに立ち寄ってくれるのだなぁと、またまた胸がいっぱいになるのでした。

150320ヒレンジャク8

意外と黒くないバン

クイナ科のバン(Gallinula chlropus)を作ってみました。

黒一色だから、ちょちょいっと作れるかと思ったのですが、思いのほか時間がかかってしまいました。翼部分は全然黒くないんですよね〜。印象としてはカツオドリの時と同様に日焼けした黒って感じの、なんとも微妙なこげ茶色してます。

150316バン3

残念ながら我が家に池はないので、庭のクリスマスローズの間を散策させてるとこ(*^^*)。

150316バン2

150316バン1

特徴は赤い額板と言われるおでこや長くて黄色い脚。先日バンとオオバンを近くで比べられる機会があったのですが、オオバンは水掻きが大きくて葉っぱのようなのに、バンは長い枝のような細い脚指をしてました。パッと見、姿はよく似てるのに、生態が違うんですね。面白いですね。

そーいえば近所の公園で去年子育てしてたな。ヒナは2羽で元気に親の後をついて回っていました。また今年も見に行ってみよう。

150316バン4

今度はぜひあの独特な姿形のヒナに挑戦してみたいなぁ。

コルク栓の御礼

大型の鳥を作る時の芯材として、最近はワインなどコルク栓を活用しています。発泡スチロールを使うのは抵抗があって、、、コルク栓なら天然素材だし、軽いし、なんせ再利用だし、さらに柔らかいので作る時にフェルト用ニードルも痛めないし、といいことばかりで、ひらめいた時はやった!と思ったものです。

ただしワインの消費量はそれほどでもない我が家では到底集まるわけもなく、知人や家族にも頼んでいたところ、多くの皆さんにご協力いただきこんなに集まりました!
お会いする機会があれば、一人一人の方にお礼を言いたいところなのですが、まずはここで御礼申し上げます。

150308コルク栓

これだけあれば当分は大物作りに困ることはなさそうです。
本当にありがとうございました。
がんばってもっともっと作りまーす。

この冬の出会いをおさらい

春の気配がいよいよ濃くなってきました。春が来るとワクワクするものだけど、鳥見のしやすい冬が好きな自分としては、なぜかこの時期ちょっぴりさみしくなります。

この冬はたくさん鳥見に行って、いろんな鳥に会ったので、自分の記憶のためにもざっくりご報告。

ロウバイとアトリ
150305冬の鳥9

ウソ
150305冬の鳥4

ルリビタキ
150305冬の鳥5

イカル
150305冬の鳥10

ミヤマホオジロ
150305冬の鳥8

ジョウビタキ
150305冬の鳥6

クイナ
150305冬の鳥3

ベニマシコ
150305冬の鳥2

ホオアカ
150305冬の鳥11

ノビタキ
150305冬の鳥13

またモグモグしてるベニマシコ
150305冬の鳥12

偶然にも初めて会えたツクシガモ。
150305冬の鳥1

思わぬ場所でフクロウにも。
150305冬の鳥7

強風の渡良瀬遊水地では、チュウヒのねぐら入り。
150305冬の鳥14

冬の終わりにコミミズク。
150305冬の鳥15


鳥たちにとっては厳しい季節だと思いますが、おかげで存分に楽しませてもらいました。
また来年もたくさん姿を見せてくださいな。

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR