FC2ブログ

鳥とキノコのクリスマスツリー

今年も、リビングにどどーんと、クリスマスツリー登場してます。テーマはやはり鳥とキノコ。フェルトで作った鳥とガラスのキノコやグラスボールがライトに照らされ、自分で言うのもなんですがなかなかステキです。

131220ツリー

まぁ厳密には、針葉樹には絶対いないよーという鳥もみーんなクリスマスツリーにとまっているわけです。
アオバズク、ツミ、キビタキ、アカショウビン、ホシガラス、ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロ、クロツグミ、ルリビタキ、オオルリ、キクイタダキ、ノビタキ、シマエナガ、ヤマガラ、ライチョウ…とこんな感じ。
これだけ集まっていれば、2メートル超えのツリーといえどもさすがに賑やかです。

ガラスのキノコオーナメントもみつけたら買うようにしてるうちにそこそこ集まりました。やっぱり基本はベニテングダケですが、去年ホンシメジ風の地味なのもみっけ。脇をかためるグラスボールたちは、毎年コツコツ集めてきたもので、それぞれ愛着があります。これからも毎年ちょっとずつ増やしていければな〜。

131220キノコオーナメント

あぁ、自分には夢のような、生き物いっぱいのツリーがキラキラしてるのを眺めているだけで癒されてしまう、今年もそんな平和なクリスマスです。

ねこクッキー

我が家で友人たちとクリスマス会をするんで、そのおみやげにとクッキーを作りました。クリスマスっぽいクッキーにするつもりが、可愛い型をみつけちゃいまして、結局ねこクッキーになりました。みんな猫好きだからいいや〜

131217ねこクッキー1

ちなみに余談ですが、アイシングってあの食紅の人工的なイメージがちょっと苦手でしたが、今回はいいもの見つけました。天然の食用色素です。ちょっと割高ですが。。。ちなみにベニコウジ(赤)とクチナシ(黄)と海藻(青)でできてるそうです。

131217ねこクッキー3

ネコに星にトナカイに、色付けしたり、顔を描き入れると何だかグッといい感じに。絵を描いてるようで、ほんと熱中します。

131217ねこクッキー2


それぞれリボンをかけて、出来上がり!
自分で言うのもなんですが、かわいく出来たのぉ〜♪

リスちん

普段は鳥ばかり作ってますが、クリスマスツリーに飾りたい一心で、リスも作りました。リアルを目指しつつの、可愛さ重視で、ディテールはいつもより少しいい加減です。

お気に入りは「飛びまわるリス」。なかなかこんな威勢のいいリスのぬいぐるみはないかと思うんですが。動きがあってなんか生めかしいとこが大変気に入ってます。去年1頭、今年また1頭作りました。

131215飛びリス

そして最近完成したリスちん。ちまっとした姿勢とふさ尾がチャームポイントです。

131215ちんまりリス

イメージとしては木の上を飛び回っているリス達の図です。リスは全部で4頭いまして(ここには3頭しか見えてませんが)、野鳥たちと一緒にツリーを盛り上げてくれてます。友人たちには鳥より好評だったりもして、嬉しいけどちょっぴり複雑な気分(^_^;)

131215リスとツリー

足もとぬくぬく〜

フェルトの鳥なんてーのは最も非実用的ですが、本来は実用的な物を作るのが好きです。

こちらは、つい先日仕上げたルームソックス。前の冬に作って途中だったのを、急に寒くなったので、ここに来て急いで完成させました。去年家族にはひととおりプレゼントして、ようやく最後に自分のが仕上がったわけです。

131209ルームソックス

これは、グリージーな一頭分の羊毛を買ってきて、洗って紡いで作ったので、愛着も半端ないです。
しかも底面はいつもすぐ擦り切れるので二重のかぎ針編みで頑丈に、くるぶしから上は棒針編みで、とかなり凝った作りになっております。多少大きくて脱げそうになるものの、そこは愛着でカバーなわけです(^_^;)

穴あきだらけのルームソックスばかりでわびしい足元でしたが、これで今年はぬくぬくです。

家族の作った分の写真も、と思いましたが見つからなかったので、それはまた今度。。。

つるカゴ編めて感激!

先日、つるカゴ講習会に参加してきました。本の説明だけでは、底になる編みはじめがよくわからなかったので、一度は習ってみたかったのです。でも教えてもらったらシンプルな仕組み!これは楽しいぞ!!!

131206つるかご製作1

あとはひたすらズンズン編み進めていけちゃいました。

131206つるかご製作2

あっという間に3時間。最後に太づるを芸術的にあしらって^_^ 出来上がりです。欲張ってかなり大きな物を編みました。

131206つるかご2
裏から見るとこんな感じ。

131206つるかご1

ほんの数時間でこんなステキな物が出来上がるとは、まったくもって感動です。

131206つるかご3

迷ってる時はキノコ

何の鳥を作ろうかウダウダ迷っているだけだと、それでも手を動かしたくなります。

そういう時にはキノコを作ります。特にベニテングタケ風やドクツルタケ風のキノコがシンプルだけど華やかなので気に入ってます。

作っても楽しい、飾っても可愛い、こーしてうちにはどんどんキノコが増えていくのです。

131203キノコ

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR