FC2ブログ

LINEスタンプ第2弾できました

まずいまずい!前回のブログ更新が4月の終わりだなんて、サボるにもほどがある(反省)!!言い訳じゃないけど、時間の経つのが早すぎて怖い。。。それにしても外出自粛期間の間まったく更新していなかったのか。チェックしてくださっていた方、本当にごめんなさい。ネタがないわけじゃないんですが、私の悪い癖で、つい文章書いているといろいろ広がって、収集つかなくなっちゃうことも多く、なかなか書き出しても終わらずそんなのが溜まってしまっております。どんどん出していかないとですね。

さてさて、LINEスタンプの第二弾を本日リリースしました!
がんばって作りましたので、ぜひたくさんの方に使っていただけたら嬉しいです。

『リアルな羊毛フェルトの野鳥たち2』
https://line.me/S/sticker/12341824


今回は日本で見られる鳥だけで作ってみました。こんなご時世なのでポジティブ多め、ヒナっ子多めの40個セットです。自分で使っていて、よく使うだろうな〜という極シンプルな文言のを盛り込んであるので、普段あんまりスタンプを使わない人も使いやすいと思います。もちろん海外にお住いの方も購入いただけます(もちろん日本語ですが)。

販売画面はこんな感じ(一部)↓200704LINEスタンプ
今回使用されている鳥は32種。なかなか盛りだくさんだと思いますよ。
アオサギ、アオジ、アオバズク、アカゲラ、アカハラ、ウグイス、ウトウ、カルガモ、キクイタダキ、キビタキ、キョウジョシギ、クロツグミ、ケイマフリ、コアジサシ、コガラ、ゴジュウカラ、コチドリ、コミミズク、コムクドリ、サンコウチョウ、サンショウクイ、シジュウカラ、スズメ、タマシギ、タゲリ、ツミ、ヒヨドリ、ヒレンジャク、マミチャジナイ、ミサゴ、メダイチドリ、ヤマガラ

ほんとは第1弾を作った時にあまりに面倒な上、販促もそれほど真剣にやらないので、当然最終的には割に合わないので、実は「もう二度と作るまい」と思っていたのです。

とはいえ、使ってますよ〜とか、また次の待ってますとかって言ってくれる奇特な方もいたりして(ありがたや〜)、そんなの聞いて若干その気にはなってましたが、思いがけず今回の外出自粛で時間がたくさんできたので作ってみたわけです。外出自粛さまさまです。

もちろんLINEスタンプ作るのは楽しくないわけじゃないんですが、でも、本当に面倒なんです。少々説明させていただきますと、通常のイラストスタンプであれば、直接描いて、抜きの部分を一括選択して切り抜いて、文字を添えれば完成にたどり着けるはずですが、フェルト作品で作るとなると、作品制作(そのために作るわけじゃないですが)→撮影→写真を選ぶ→画像を切り抜く(これが面倒)→文字を添える、と工程が多いのです。

しかも羊毛フェルトの写真は輪郭がもやっとしているので、自然な感じに切り抜くのも一筋縄ではいかず、しかも鳥は足があるので輪郭が複雑、とにかくいろいろ地味な作業が延々と続くのです。今回はようやくペンタブを導入したので、以前に比べれば少し楽できましたが、それでもかなり時間はかかります。

でも私にとっては作品リストのようでもあり、出来上がると作品とは違った達成感があったりするので、こうやってウダウダいってますが、今回採用しなかった鳥もたくさんいることだし、またいつか作るんだろうな〜。

ぜひみなさんに楽しんで使ってくださいね〜。

ちなみに、第一弾『リアルな羊毛フェルトの野鳥たち』はこちらから
https://store.line.me/stickershop/product/1454602

「小さな冬の楽しみ」終了しました

先週末に無事トリの市での展示「小さな冬の楽しみ」が終了しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。久しぶりの方、初めての方、いつも来ていただく方など、たくさんの皆さんに見ていただくことができて、準備の苦労も報われました。
191219トリの市1
トリの市は初めて参加しましたが、ちょっとしたお祭りのようでした。作家の皆様が縁日のようにお店を並べて、私も店主にでもなったような気分で楽しく参加できました。私の展示場所も決して広くはなかったので、数人来ていただくとあっという間に混みこみになってしまいましたが、みなさん根気よく、譲り合って見てくださっていたのが印象的でした。
191219トリの市9
たくさんの作家さんたちが参加されていたので、それぞれお目当てのものをゲットしようと開始早々たくさんの人でにぎわっていました。お天気も良かったので、近所にお住まいの方がふらっと立ち寄ることもあり、鳥にまったく興味がなかった方も、鳥好きの世界を垣間見ていただけたのではないかと思います。

展示について少し説明すると、
今回は「小さな冬の楽しみ」と題して、冬を感じさせるような展示にしました。今回のお客さんはおそらく女性の方が多いだろうなと思ったので、クリスマスのテイストも少し加えて少し女子力高めの展示にしたつもりです。
191219トリの市2
参加した鳥は、
コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、スズメ、ヤマガラ、ツグミ、キクイタダキ、ヒレンジャク、ゴジュウカラ、トラツグミ、アオジ、アトリ、ウソ、ジョウビタキ、小さな水鳥たちがたくさん

うち新作は、
ヒレンジャク、羽繕いするシジュウカラ、飛んでるキクイタダキ、コガラ3羽です。

自作のリースやカゴを使って壁面とテーブルを使って、飛んでる鳥なども使って立体的に飾りました。落ち葉やノイバラの実、マツボックリやモミジバフウの堅果、当日自宅で刈り取っていったアイビーやハツユキカズラの蔓など自然の素材で華やかさと色もプラス。
191219トリの市3
あと、小さな水鳥はクリスマスツリー風にアレンジして展示しました。土台のツリーは自宅で剪定した枝を使って自作しました。ただ並べるだけの時よりだいぶ華やかになったかと思います。
191219トリの市6
スズメたちは落ち葉の上でガサガサしていて、なにがあるの?とヤマガラやシジュウカラが見にきているところ。カラ類の混群や、シンボル的にいるツグミの周りをキクイタダキが飛び回って、枯れ木の林にアカゲラやヒレンジャク、ゴジュウカラ、ジョウビタキがいる様子、そんな感じで一応不自然にならないような並べ方になってたかと思います。
191219トリの市10
191219トリの市4
191219トリの市5
販売品については、今回は小ぶりのリース、オーナメント、クリスマスカード、おなじみのポストカードです。それまで色々構想してもっと品揃え豊かにしたかったのですが、なかなか実際に作りきれないものですね。販売で何がたいへんって、作品を作るのは全然いいのですが、梱包資材を準備しなくちゃいけないところで、そうしたものの準備がなにより面倒。大きさや形が一定になるようなもの以外はなかなか提供できませんね。
191219トリの市7
オーナメントは今回初の販売でしたが、人気が予想されたジョウビタキも早々に完売しました。
もっといろいろ作ってみたかったので、また気が向いたら作ってみます。あと、今回2つだけリースをご用意しましたが、最初の1時間も経たないうちに2つとも売れていきました。ありがたや〜。ちなみに、今回鳥のオーナメントを飾るためのツリーは、その場で組み立てできるシンプルなものを自作しました。
191219トリの市8
おかげさまで、たくさんの方に買っていただけて、また制作もろもろのための軍資金が確保できました。お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

このトリの市で今年の予定は終了です。今年は夏から続けて3回の展示を行いました。この夏以降はプライベートでもいろいろあり、本当に後半は忙しかったですが、なんとか滞りなく終えることができてよかったです。来年は9月に行う個展の準備に集中するため、しばらく展示はお休みです。といっても個展までたった8ヶ月(ひぇ〜〜!)なので、満足いく準備ができるのか少々不安ですが、がんばりますので、今後ともよろしくおねがいします。

クリスマスプレゼントにいかがですか

来週末の日本野鳥の会のトリの市はたくさんの作家さんが参加されていて、来場される皆さんのお目当てはお買い物のはずです。私もメインは展示ですが、物販もおこないます。クリスマス近くなので、プレゼントになるようなツリーのオーナメントや、クリスマスカードを用意しました。

オーナメントは、おなじみシジュウカラと、今回の展示のイメージにあわせてコガラ、冬のアイドルのジョウビタキのオスとメスの計4種。数には限りがありますので、早いもの勝ちです。特にジョウビタキのメスは3羽作って力尽きましたww。地味な割にはグラデーションだと意外と手間がかかります。191208オーナメント1
191208オーナメント3
191208オーナメント4
くちばしは竹、削り出し彩色して、ツヤが出るよう少し磨いてあります。足はありません。
191208オーナメント5
それぞれ表情が違います。ぜひ会場で実際に手にとって気に入った子を選んでください。ツリーに飾ってみたらこんな感じになります。
191208オーナメント2
クリスマスの間はもちろんツリーに、あとリースにもおすすめ。クリスマスが終わっても、ライトにぶらさげてみたり、カーテンタッセルにぶらさげてみたりも楽しいかもしれません。

リボンはしっかりとめてありますが、その分羊毛フェルトはやわらかいので、ぶら下げて持ち歩くと、だんだんリボンにひっぱられて鳥自体の形がくずれるおそれがありますので、キーホルダーのような使い方は想定していませんが、ブローチで胸にぶらさげたりするのはちょっとかわいいかもしれません。くちばしは抜けたりずれたりするので、ひっぱらないようご注意してくださいね。

クリスマスカードは5種類。こちらもツリーにそのまま吊り下げられるようにリボン付きです。
191208クリスマスカード4
191208クリスマスカード3
191208クリスマスカード2
191208クリスマスカード1オーナメントと一緒にプレゼントに添えたり、活用いただけたらと思います。

あと、この2つだけですが、リースも用意してみました。
191208リース
エナガとシマエナガの2バージョンです。きまぐれで制作したもので、どちらもそれぞれひとつ限定です。我が家で収穫したアケビの蔓のリースに、八ヶ岳山麓で採取したノイバラの実をアクセントに添えました。どちらもなにも処理していない自然素材なので、捨てる時は楽ですがww、それをご了解いただける方にお持ち帰りいただけたらありがたいです。

鳥が好きな誰かにプレゼントしてほっこりしてほしいな〜と思いながらご用意しました。
ぜひ会場で展示と一緒にお買い物もお楽しみください。


>>「日本野鳥の会 第9回トリの市」のサイト

「小さな冬の楽しみ」展

2019年12月14日(土)と15日(日)に、日本野鳥の会の「トリの市」で「小さな冬の楽しみ」展をやります。トリの市は鳥や生き物関連の作家さんが参加するお買い物イベントですが、私はその会場で小規模な展示をさせていただきます。小規模とはいえ新作もあります。冬を感じられるような小さな空間を作り出す予定です。

私も、クリスマス直前の開催なので、クリスマスを意識してプレゼントになるような販売品も少しご用意します。そちらもぜひお楽しみに〜。

これを最後に、展示活動は来年の9月までしばらくお休みします。今年最後のイベントでもありますし、ぜひみなさまクリスマスや新年のプレゼント探しにぜひ足をお運びください。


*** 日本野鳥の会 第9回 トリの市 ***
開催日時:2019年12月14日(土)・15日(日) 11:00~17:00
会   場:日本野鳥の会 西五反田事務所
参 加 費:入場無料!
※トリの市には多数の作家さんが参加されます。参加作家さんやその他詳しくは日本野鳥の会のサイト日本野鳥の会のFacebookページで。

191125鳥の市IMG_8951

「ビルの谷間で鳥を見上げる」はじまりました

お知らせがおそくなりましたが、10月1日よりECOM駿河台にて「ビルの谷間で鳥を見上げる」が始まりました。
191009ECOM1
まずはじめに、9月30日まで開催されていた市ヶ谷での協会展に足を御運びいただいた皆様ありがとうございました。協会展搬出日に次の展示の搬入日がかさなるという、かなりあわただしい中での開始でしたので、この作品展のお知らせも後手になってしまいすいません。

「ビルの谷間で〜」の見所はずばり「すべて壁面展示」ということです。実は最初からこうするつもりだったというわけではなく、いろいろ諸事情あり止むを得ずこうなりました。準備は普通の展示以上に緊張感もあり(現場で組んでみないと本当にわからないので)大変ですが、それなりに見栄えよく仕上がったと思います。
191009ECOM4
「鳥を見上げる」というテーマにもあるように、少し顔を上げて鳥たちを見るスタイルの展示になっています。まぁ鳥というのは本来上の方にいるのを見る事が多いので、自然といっては自然ですが。何度も言うようですが準備するのはめちゃくちゃ精神的に大変ですwww すべて壁面展示という、挑戦的な展示になり、私自身はまた新しい展示スタイルを見出した気がします。
191009ECOM5
参加している鳥は、多くは既存の作品ですが、展示の仕方も見る角度も違うので、これまでご覧いただいたことがあるものでもまた別の味わいがあるかと思います。

今回は特に飛んでる鳥が多いです。サンコウチョウ、サンショウクイ、カワラヒワ、シジュウカラ、エナガ、オナガ、スズメ、ヒメアマツバメ、ツバメ、キビタキ、アカゲラ、と自分でも結構作ったな、という印象です。

中でもカワラヒワとサンショウクイは新作ですし、サンコウチョウとオナガは以前作ったものですが、今回翼部分をすべて作り直しリニューアルしてます。飛んでいないものとしては、マミチャジナイやぶら下がりエナガも初出しの新作です。エナガの子たちも若干リニューアルしました。

あと、今回久しぶりに出品したアオバズクも改良しまして、より顔に味が出たので、今回気に入っています。あの半目でぜひ見つめられてくださいwww

新作は多くありませんが、リニューアル作品も多いので、それらも楽しんでいただければと思います。

他には、テーブルには制作の様子がわかるようなパネルを設置しました。
191009ECOM2
また階段部分や1階外向けには今回持ってこられなかった大きな作品の写真や、屋外で撮影した写真なども展示しています。
191009ECOM6

平日だけの開催とはいえ、2ヶ月近く展示期間がありますので、ぜひなにかのついでにでもお立ち寄りください。隣接する屋上庭園もなかなか気持ちがよいですよ。

私の在廊日は、10月17日(木)、10月28日(月)、11月14日(木)
         いずれも12:00〜閉館まで。

ちなみに11月14日は午前中が貸切で一般の方は入れませんので、来ていただく際には12時以降にいらしてくださいね。

注)ECOM駿河台の貸切等でご覧いただけない時がありますので、かならず事前にECOM駿河台のFacebookページを確認の上ご来場ください。
>>ECOM駿河台のFacebook
191009ECOM3

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で個展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で個展開催など

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR