FC2ブログ

香港では羊毛フェルトのシマアオジが

香港で私の作品を参考にしてフェルトで鳥を作り、それを保護活動に役立てているというお話を聞きました。とても嬉しく、またとても興味深い話でもありますのでご紹介します。

Hong Kong Bird Watching Society(HKBWS)のJessica Wongさんは、羊毛フェルトでシマアオジを作り、普及啓発活動などに活用しているそうです。HKBWSは2018年を「the Year of Yellow-breasted Bunting(シマアオジの年)」として活動を行ってきました。シマアオジはレッドリストでも近年 Critically Endangered(近絶滅種)にアップリストされ、個体数の減少が懸念されている鳥なのは日本の皆さんもご存知かと思いますが、かつてはたくさん見られた北海道でもほとんどわずかしか見られなくなっていると聞きます。HKBWSでは、シマアオジにやさしい環境を整える活動や、中国で食用に過剰消費されている事実を知ってもらうための普及啓発活動をおこなっていて、その一環として、この問題に対する関心を高めようと、彼女の作った羊毛フェルトのシマアオジをはじめ、いろんなアート作品を集めた展示などもおこなったそうです。

とってもよく出来てて、シマアオジ愛が伝わります。181213HKBWS4
普及啓発活動の様子
181213HKBWS1

181213HKBWS3

181213HKBWS2
これらはJessicaさんから少しうかがっただけで、詳しく活動の内容を把握しているわけではありませんが、かつては野生生物の取引監視の仕事をしていた身としては気にならないわけがなく、彼女のフェルト作品と一緒にこうした保護活動が行われているということを、せっかくなのでみなさんにもシェアさせていただきました。ちなみに、写真はご本人からいただき、許可を得て掲載しています。

詳しくはHKBWSのページに(といっても中国語ですが。。)
https://www.hkbws.org.hk/cms/index.php/ybb
Facebookページもありますので、こっちの方がわかりやすいかな。
https://www.facebook.com/hkbws/

ちょっと調べていたら、日本でも、バードライフ・インターナショナルや日本野鳥の会とロシアの研究者の間などで調査などがおこなわれているようです。興味を持った方ぜひ、ぜひ見てみてくださいね。
>>「シマアオジを 絶滅の危機から守る」日本野鳥の会のサイト
>>「シマアオジ:普通種から絶滅寸前へ」バードライフインターナショナルのサイト

作ったものをこうして実際の生き物たちのために役立てるというのは、私も常に意識していることですが、素敵な取り組みだな〜と思います。これからも頑張ってほしいです。

谷津干潟展で新作ポストカード販売します

谷津干潟での作品展の開催が近づいてきてだいぶあせっていますが、黙々と準備しております。

作品展用に新作ポストカード2種類用意しました。

残念ながら先日終了してしまったリトルターンアートプロジェクト作品展に間に合わなかったコアジサシバージョンと、
181101ポスカ1
鳥達が集まっている秋色バージョンです。こちらは今回の作品展のDMイメージにもなっています。
181101ポスカ2

写真のようであり、イラストのようにも見える、いつもどおり独特の雰囲気のポストカードに仕上がっています。鳥達に吹き出しつけて楽しんでいただいてもいいですし、額にかざっていただいてもいいかなと思います。額装するとなかなかよい感じです。

作品展のおみやげにぜひどうぞ〜。




>>『もっともっと近くに鳥たちを〜つぐみの羊毛フェルト作品展〜』のFacebookのイベントページこちら
>>Facebookページ「つぐみ工房」
情報順次アップしていきますので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

谷津干潟自然観察センターで作品展やります

セミから秋の虫の声に変わり、大好きな秋がやってきました。でもここのところイベントの案内が続きます。近所でも鳥もざわざわしだしているのに、なんだか制作やら営業やらに追われて、なかなかゆったりと楽しめないのが残念です。

とウダウダ言っている場合ではなく、ただいまリトルターンアートプロジェクトの作品展が谷津干潟自然観察センターで開催中ですが、それが終わった後は同じ場所で私の作品展『もっともっと近くに鳥たちを in 谷津干潟 ~つぐみの羊毛フェルト作品展~』を開催します。谷津干潟で過去に見られた鳥の作品を中心に多数展示します。今回初めての挑戦として、展示開催中に製作実演もあります。在廊日や実演日など、決まりましたら、またFacebookページやこちらでご案内させていただきます。

まだまだ開催まで時間がありますので、また近づいてきたらあらためてご案内させていただきますね。
それまでにはまだ、来週の市ヶ谷での協会展がありますので、まずはそちらをお楽しみに〜

180922谷津干潟DM

『もっともっと近くに鳥たちを in 谷津干潟 ~つぐみの羊毛フェルト作品展~』
日時:2018年 11月11日(日)~12月2日(日) ※月曜日は休館
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
会場:谷津干潟自然観察センター
〒275-0025 千葉県習志野市秋津 5 - 1 - 1
TEL:047-454-8416
※ご覧いただくには入館料が必要です。

その他、アクセスや施設の詳細は谷津干潟自然観察センターのHPをご確認ください。
>>習志野市谷津干潟自然観察センターのサイト

***

来週27日から日本ワイルドライフアート協会展

谷津干潟にて引き続きLTAP作品展開催中ですが、来週2018年9月27日(木)から東京・市ヶ谷の山脇ギャラリーにて『日本ワイルドライフアート協会展ー野生生物・絵と立体の世界ー』も始まります。日本ワイルドライフアート協会に入って、この山脇ギャラリーでの協会展に参加するのは今年で3回目。過去2回はフクロウ、コミミズクやツミ、ときて今年は初めて猛禽類以外でカルガモ親子を出品します。
180918山脇展1
今回は案内ハガキに作品写真を使っていただきました。
毎回、多くの作家さんが参加され、野生の生き物を題材にした絵や版画、切り絵、デジタルアート、ペーパークラフト、など様々な技法の作品が並びますので、参加する方も刺激的だし、見ていただくのも楽しいかと思います。

開催期間中、私は初日の開場直後と、当番日である10/1(月)11:00〜14:00は在廊いたします。ぜひお出かけの途中にでもお立ち寄りください。

**開催概要**

■ 会期
2018年9月27日(木)~10月3日(水)※9月30日(日) 休館
11:00~18:00 (27日は14:00から/3日は14:00まで)

■ 会場
山脇ギャラリー
東京都千代田区九段南4-8-21
◎JR総武線、東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線
  市ヶ谷駅から徒歩1分
180918山脇展2

■入場無料

***

日本ワイルドライフアート協会のサイト>>http://www.jawlas.jp/

リトルターンアートプロジェクト作品展がはじまります

ホビーズワールド作品展の報告もかけていないうちに、今日は搬入で谷津干潟に行ってきました。今度は明日からいよいよ昨年から参加しているリトルターンアートプロジェクトの作品展がはじまります。
180901LTAP作品展2

リトルターンアートプロジェクトについては昨年もさんざん書いたかと思うのでそもそもははしょりますが、今年も取材会に参加した作家の皆さんがコアジサシをテーマにすばらしい作品の数々を披露します。
180901LTAP作品展4

コアジサシというと美しい飛び姿の写真をよく見かけますが、それだけではなく、ヒナあり、骨あり、卵あり、の多種多様なコアジサシが楽しめますよ。とはいえ、私はあいかわらずひとり立体作品の宿命、展示の準備やらなんやらで時間がかかって、みなさんの作品をじっくり拝見する時間がなかったなぁ。とほほ。。

私は前回製作したものに、さらに新作の「おねむのヒナを抱えてうとうとする親鳥」、「大きな魚を飲み込んでウグウグするヒナ」と「見返りヒナ」の3羽に、加えてだいぶ前に制作したものを手直しした飛翔コアジサシと、親5羽ヒナ9羽総勢14羽を展示しました。加えておまけのコチドリの親子とセグロセキレイを一緒に展示してあります。今回もリトルターン・プロジェクトのスタッフにご協力いただき、森ケ崎屋上の石やレンガやデコイまで持ち込みジオラマ風に仕上げてあります。ぜひご堪能いただけたら嬉しいです。
180901LTAP作品展3

* * *

「リトルターンアートプロジェクト作品展」

会場:谷津干潟自然観察センター特別展示コーナー
〒275-0025 千葉県習志野市秋津5-1-1
TEL:047-454-8416
http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/

日時: 9月2日(日)~10月28日(日)
9:00~17:00(入館は16:30まで)
月曜日休館(月曜日が祝休日の場合は次の平日)

リトルターンアートプロジェクト参加作家(五十音順,敬称略)
石山博司、伊藤 真、大田黒摩利、大室 清、筧 守、川崎以和、木部一樹、栗田健史、神戸宇孝、さいとうあさこ、座間麻美、重原美智子、たぶき正博、田村 豊、つぐみ、東郷なりさ、内藤貞夫、長島 充、伴 義之、福原勝一、藤田信雄、富士鷹なすび、松岡 潤、三浦裕子、宮武正則(特別出品:岩本久則)(リトルターン・プロジェクト スタッフ出品 赤羽奈津代 松村雅行)

* * *

ちなみに、帰りはなんとも怪しいお天気で、潮が引いているからかダイサギが全面まばらにちらばっていて、また白が輝いていてこんなに不思議な景色になっていました。この景色もじっくり楽しみたかったけど、空模様が怪しかったので足早に帰りました。
180901LTAP作品展1

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒。国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展
2019年8月、2019年8月 ホビーズワールド(神田)で作品展
2019年10月〜11月 ECOM駿河台(御茶ノ水)で作品展開催予定など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR