FC2ブログ

香港では羊毛フェルトのシマアオジが

香港で私の作品を参考にしてフェルトで鳥を作り、それを保護活動に役立てているというお話を聞きました。とても嬉しく、またとても興味深い話でもありますのでご紹介します。

Hong Kong Bird Watching Society(HKBWS)のJessica Wongさんは、羊毛フェルトでシマアオジを作り、普及啓発活動などに活用しているそうです。HKBWSは2018年を「the Year of Yellow-breasted Bunting(シマアオジの年)」として活動を行ってきました。シマアオジはレッドリストでも近年 Critically Endangered(近絶滅種)にアップリストされ、個体数の減少が懸念されている鳥なのは日本の皆さんもご存知かと思いますが、かつてはたくさん見られた北海道でもほとんどわずかしか見られなくなっていると聞きます。HKBWSでは、シマアオジにやさしい環境を整える活動や、中国で食用に過剰消費されている事実を知ってもらうための普及啓発活動をおこなっていて、その一環として、この問題に対する関心を高めようと、彼女の作った羊毛フェルトのシマアオジをはじめ、いろんなアート作品を集めた展示などもおこなったそうです。

とってもよく出来てて、シマアオジ愛が伝わります。181213HKBWS4
普及啓発活動の様子
181213HKBWS1

181213HKBWS3

181213HKBWS2
これらはJessicaさんから少しうかがっただけで、詳しく活動の内容を把握しているわけではありませんが、かつては野生生物の取引監視の仕事をしていた身としては気にならないわけがなく、彼女のフェルト作品と一緒にこうした保護活動が行われているということを、せっかくなのでみなさんにもシェアさせていただきました。ちなみに、写真はご本人からいただき、許可を得て掲載しています。

詳しくはHKBWSのページに(といっても中国語ですが。。)
https://www.hkbws.org.hk/cms/index.php/ybb
Facebookページもありますので、こっちの方がわかりやすいかな。
https://www.facebook.com/hkbws/

ちょっと調べていたら、日本でも、バードライフ・インターナショナルや日本野鳥の会とロシアの研究者の間などで調査などがおこなわれているようです。興味を持った方ぜひ、ぜひ見てみてくださいね。
>>「シマアオジを 絶滅の危機から守る」日本野鳥の会のサイト
>>「シマアオジ:普通種から絶滅寸前へ」バードライフインターナショナルのサイト

作ったものをこうして実際の生き物たちのために役立てるというのは、私も常に意識していることですが、素敵な取り組みだな〜と思います。これからも頑張ってほしいです。

鳥たちが4ヶ国の政府代表の手に

11月は谷津干潟での作品展開催の裏で、もうひとつ別のことが進行しておりました。

こちらの鳥たち(メジロ、オオルリ、キビタキ、ミニ・コチドリ、ミニ・コアジサシ)は、バードライフ・インターナショナル東京からお話しいただき用意したもので、これらはこの11月に沖縄で行われた二国間渡り鳥等保護条約などの会合において、中国、韓国、米国、オーストラリアの4ヵ国の政府代表の手に渡っていったのです。

181210渡り鳥条約
国を超えて地球規模でダイナミックに移動をする鳥たちにとって、こうした条約や国同士の取り決めはとても重要なものだと思います。その場に作品を提供できることは私にとって意義深いもので、声をかけていただき大変光栄に思いました。

そんな大切で難しい会合の場で、少しでも場が和み、えらく間接的ではありますが、鳥たちのこれからに微力ながら貢献できれば嬉しいなぁと思います。

「もっともっと近くに鳥たちを in 谷津干潟」が終わりました

昨日は無事に「もっともっと近くに鳥たちを in 谷津干潟」展が終了しました。私にとっては3週間の個展というのは最長記録でしたが、始まるまでは長かったけど、始まったらあっという間に終わってしまった気がします。

お忙しい中、足をお運びいただいた皆様、本当にありがとうございました。たくさんの方に(数年ぶりにヘラサギにも)お会いできて、刺激的で、楽しい3週間でした。

今回は、長期個展であり、開催中に実演日を設けるなど、新しいチャレンジになりましたが、いろいろまたできることが広がった気がします。

谷津干潟自然観察センターは、週末はイベントも多く、たくさんのお客さんで賑わうので、それにあやかり展示もたくさんの方に見てもらうことができたと思います。特に千葉方面での個展は初めてだったので、地元の方で、初めての方にたくさん見ていただけたのはよかったです。遠方からわざわざ来てくださったり、数年前の個展の時に来ていただいた方も多く、またお会いできたのも本当にうれしかったです。

8月のホビーズワールドでの作品展からはじまり今まで、個展2回、グループ展2回と年も後半に入ってかなりみっちり展示をやってきて、ようやく今年最後のイベントが終了したことになります。これからこれまでのイベントを振り返り、しばらくは少し無理をして痛めた手首をいたわりつつ、大好きな冬の鳥見を楽しんだり、おろそかになっていた掃除や家のことをしっかりやりたいと思っています。もちろん新たな作品にもじわじわ取り組みたいと思います。

実はまだ作品も戻っていませんし、コメントノートなどもちゃんと読み返せていないので、今回の会期中のできごとなど、写真を整理しつつ詳細はあらためて報告しますので、ぜひまたブログも覗いてみてください。
181203谷津干潟センター

明日スズメ作ってます

明日は谷津干潟自然観察センターの会場でスズメ作ります。

181116スズメ制作

どこまで作れるか、私の腰がどこまで耐えられるかww、わかりませんが、黙々、たんたんと孤独に制作していると思います。百聞は一見にしかず、ご興味ある方はぜひ覗きにいらしてください。

なにを作ろうか悩みましたが、やっぱり一番人気のスズメがよかろうと。初めての試みであるのに、模様が多く結構時間がかかりそうなスズメ作りはかなり心配ではありますが、とりあえずがんばります!

23日にもやりますので、明日と二日間でいい線まで仕上がればいいなと思ってます。

>>谷津干潟自然観察センターのサイトでも紹介されています

いよいよ明日から

無事に谷津干潟での展示の準備が終わりました。谷津干潟のボランティアさん3人に1日おつきあいいただき、てきぱきとお手伝いいただいたので、私も全体に集中して取り組めました。感謝感謝です。

正直いうと、梱包・搬入・展示作業と、もう燃え尽きて灰のようになっていますが、でも明日からが本番。というわけで明日から始まります。展示もなかなか思ったとおりに仕上がりました。やっぱり、自然が近いところでの展示はなかなかよいです。外の光が入ってきたりすると、なかなかドラマチックだったりして、私も新しい発見があります。

181110谷津干潟1
今回は会場に常時人がいられないこともあり、柵が張られていて少し見づらいかもしれませんが、そこはご理解いただき、楽しんでいただけたらと思います。
181110谷津干潟2

もっといろいろ書くべきことがある気がしますが、今日はへとへとなので、また明日以降あらためて。

明日はお天気もよさそうなので幸先よさそうです。早い時間から会場にいますので、ぜひ遊びにいらしてください。

谷津干潟自然観察センターのサイト>>http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/
Facebookページ「つぐみ工房」でも情報発信してます>>https://www.facebook.com/toritokinoko/

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒業後、出版社、国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自分の家に野鳥が遊びに来たら楽しいだろうな〜という思いから、実物サイズの野鳥を作り始めました。

自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展 など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR