FC2ブログ

キビタキ飛ぶ

今年は春から何度もキビタキに会えてすっかり顔なじみな気分。
桜が終わる頃から、東京の自宅付近でもたくさんのキビタキが立ち寄ってくれてます。彼らが爽やかにさえずるのを聞くと、いよいよまた夏がやってくるのだな〜と思います。

キビタキのこの振り向きスタイル。一番好き。これは近所で。190517キビタキ飛ぶ2

ゴールデンウィークはじめに出かけた八ヶ岳山麓では、まだ新緑が少ない中、キラキラピカピカのキビタキが元気いっぱいに歌い、飛び回っていました。静かにしていると、他にもオオルリやクロツグミ、サンショウクイやミソサザイといったスターたちがやってきて時間が経つのを忘れるぐらい楽しませてくれました。
190517キビタキ飛ぶ3
190517キビタキ飛ぶ4
190517キビタキ飛ぶ5
東京の自宅近くでキビタキを見るときは比較的高い所にいて見上げることが多いけども、このときは地面に降りたり、水辺に降りたりと近くで見ていられたので、いつも以上に身近に感じられました。近くでメスが近くにいて、腰の黄色をめいっぱい膨らませて低い姿勢で身構えてみたり、しきりにジジッ、ジジッ、と虫のような声を出してオス同士で追いかけあい、なんて情熱的な姿を見せてくれました。

林の中を散歩していても、何度もキビタキが飛び出してきたりもして、あるときは林を歩く私に向かってまっすぐに飛んできて、「もしや私の頭にでもとまる気か!どうぞどうぞ!」なんて思ったりしてドキドキしました。もちろんそんなことは起きませんでしたが(笑)

前置きが長くなりましたが、今回はその時のドキドキを作品にしました。黄色つながりで、我が家のモッコウバラと一緒に撮影してみました。
これを見れば、あぁこんな感じだったとあの時の気持ちを思い出せます。
190517キビタキ飛ぶ1
キビタキはこれまでも何度か作っていますが、飛んでる様子を作るのははじめてです。翼作りにはいつも苦労するのですが、今回はいままでで一番スムーズに作れました。今までなんとなく試行錯誤で制作していた翼ですが、このキビタキを作ったことでノウハウが確立できたかも。といって簡単になるわけではなく、面倒なことには変わりませんが。。。

私は夏が苦手なので、その前兆としての春はなにかと気分が沈みがちですが、夏鳥たちに会うとそんな夏も悪くないなと、ちょっとだけ思えたりして。

マミチャジナイ

ブログも書かず、Facebookやinstagram上でもフィールドや庭の投稿ばかりで、完全に制作さぼってるように見えると思いますが、「作ってないわけじゃ〜ないんです」と、だいぶ前に仕上がっていたマミチャジナイ(Turdus obscurus)で言い訳。
190416マミチャジナイ1
おこってなくてもムッとしてる顔がいいよね。想像していた以上にきれいな鳥で、凛とした姿勢も印象的でした。

190416マミチャジナイ2
実は昨年初めてお目にかかったマミチャジナイ。昔からその名前が気になって気になってしょうがなかったマミチャジナイ。何度も呪文のように唱えたくなるマミチャジナイ、マミチャジナイ、マミチャジナイ。。。

あさってから新宿御苑展はじまります

あっという間に3月!あさって3月5日から新宿御苑インフォメーションセンターで日本ワイルドライフアート協会の協会展が開催されます。
実は数日前に39℃近くの熱を出しまして、「もしかしたらインフルエンザ!?で参加できないかも」と80%ぐらいあきらめていましたが、インフルエンザでもなく、次の日には平熱に戻り、体調もほぼ回復しまして、幸いなんとか参加できそうです。

今回私は「天売島の思い出」と題して新作のケイマフリを出品します。
作品やケイマフリについてはまた改めて書きますが、これは去年夏に訪れた天売島での感動を形にしたものです。

私は今回はこれ1点での参加になりますが、他にもすばらしい作品がたくさん出品されますので、ぜひお散歩やお買い物がてら、お立ち寄りください。

20190303JAWLASsinjyukuIMG_3969

協会展の詳細はこちらをご覧ください。>>
https://www.facebook.com/events/255434685387129/

日本ワイルドライフアート協会の新宿御苑展に出品します

しまった〜。すっかりご無沙汰しているブログ投稿。年が明けてからもなんとなく過ごしているうちにもうすぐ3月。何もしていないわけじゃないんですが、月日が経つのは本当に早い。。。

久々投稿はお知らせです。2019年3月5日(火)より東京の新宿御苑インフォメーションセンターにて、毎年恒例の協会展が開催されます。新宿御苑への入場は有料ですが、インフォメーションセンターは御苑に入らず無料で利用できます。

今回、私は新作1点(2羽)を出品します。私の在廊する当番日は3/7(木)12:45〜16:30です。

たくさんの方の作品を一度に見ることができるお得な展示です。ぜひ春の散歩がてら遊びにいらしてください。

190224新宿展1.jpg
* * *

日本ワイルドライフアート新宿御苑展2019
"日本の四季と生きものIII"


野生の生き物をさまざまな手法で表現した作品50点以上が展示されます。

■ 会期
 2018年3月5日(火)~3月10日(日)
 9:00~16:30(最終日は15:00まで)


■ 会場
 新宿御苑インフォメーションセンター1F アートギャラリー
  ※入場無料

■ アクセス
 ●東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅E5出口 徒歩3分
 ●東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅出口1 徒歩5分
 ●都営地下鉄新宿線 新宿三丁目駅C1/C5出口 徒歩5分
 ●JR・京王・小田急線 新宿駅南口 徒歩10分

■ お問い合わせ
 JAWLAS事務局:info@jawlas.jp

Facebookイベントページはこちら>>
https://www.facebook.com/events/255434685387129/

2019年もよろしくおねがいします

おっと、あっという間に今年も明けてから3週間ちかく経ってしまった〜。
ご挨拶遅れましたが、本年もよろしくおねがいします。

個展が終わると試験明けの学生気分でついのびのびしてしまう。
その後の手首の調子もよくなかったので、作りたい気持ちも少し自制して1ヶ月ぐらい制作活動はお休みしていました。ただ、どうにも年賀状のアイデアが浮かばず、それでも絵柄付きを使うとなにか負けたような気分になるな〜とかうだうだ言っているうちに結局年を越してしまい、いよいよどうにもならなくなって、というわけで苦肉の策でやっぱりイノシシ作りました(結局、最初からそうすればよかったのです)。
190119新年挨拶
サイズも小さいので気軽に始められますが、なんせ作ったことも調べたこともなかったし、で気に入ったポーズでちょちょっとスケッチだけはしてみまして、それから作りました。年賀状用なので、見えない部分もあるので実はだいぶ手抜きですが、まぁそれなりに雰囲気は出たのではないかと思います。

完全に横たわっていると、どうにも死んだように見えそうだったので、少し顔は上げ気味に作ったつもりです。最初はもう一頭ウリ坊が寄り添っているように作ろうと思いましたが、それだと、「親を殺されたかわいそうなウリ坊の図」という新年早々大変縁起の悪い感じになりそうだったので、ぺちゃっと寝てるウリ坊を乗せるだけにしました。

イノシシが話題に上る時はだいたい不穏で不幸なニュースが多いので、そうでないイノシシの一面、私が思う一番イノシシが平和である瞬間を作ってみました。生き物たちにとって平和で穏やかな一年であって欲しいという願いを今年も込めました。

さぁ、今年もがんばって作りますので、みなさまお楽しみに〜〜。

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ
羊毛ニードルフェルト作家。自然や野生の生き物をお手本にいろいろ作っています。
東京農工大学卒業後、出版社、国際自然保護NGOで働いた後、独学でニードルフェルトをはじめました。自分の家に野鳥が遊びに来たら楽しいだろうな〜という思いから、実物サイズの野鳥を作り始めました。

自然や鳥、野生の生き物たちからインスピレーションを受け、色々なものを作っていきたいと思います。

日本ワイルドライフアート協会会員
Facebookページ「つぐみ工房」https://www.facebook.com/toritokinoko

***
2016年2月17日〜22日にモノギャラリー(吉祥寺)で個展開催
2016年7月7日〜23日にnito cafe(吉祥寺)で個展開催
2016年11月20日、23日、26日、27日に東京港野鳥公園で作品展開催
2018年1月14日〜20日 第5回女視展(有楽町)参加
2018年11月11月〜12月2日 谷津干潟自然観察センター で作品展 など

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR